記事検索
 

2007年10月22日

パンズ・ラビリンス

第79回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、メイクアップ賞の3部門を獲得した話題作「パンズ・ラビリンス」を見てきました。美しくもダークな世界で繰り広げられる一人の少女の冒険物語です。

1944年、未だ内戦の混乱が尾を引くスペイン。読書が好きな少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ビダル大尉(セルジ・ロペス)と再婚する母親(アリアドナ・ヒル)とともに、彼が駐屯する山小屋へとやってきた。しかし、ビダル大尉は残忍な男であり、妊娠中の母親は体調が悪いなど、オフェリアにとって新しい生活はつらいものでしかなかった。その夜、母親と同じベッドで眠りにつくオフェリアの前に、不思議な昆虫が現れる。それは昼間、山道で見かけた石の塚から現れたものであった。「あなたは妖精さん?」そう語りかけるオフェリアの前で昆虫は本当に妖精に変身、彼女を庭の奥にある迷宮へと誘う。オフェリアを待っていたのは、ヤギの頭を持つ牧神パン(ダグ・ジョーンズ)。彼はオフェリアに驚くべきことを告げる。彼女は、地底にある魔法の国の王女モアナの生まれ変わりだというのだ。そして満月の夜が来る前に、3つの試練を乗り越えれば両親の待つ魔法の国に帰ることができるという。パンの言葉を信じたオフェリアは、パンからもらった”道を標す本”を開き、試練に立ち向かう決心をするのであった。

日本のコミックやアニメが大好きで、自らを「メキシコのトトロ」と呼ぶ(笑)、ギレルモ・デル・トロ監督。そんな監督が自らのイマジネーションをフルに駆使して作り上げたの本作「パンズ・ラビリンス」です。

読書好きの少女が、戦争、望まない母の再婚、サディスティックな義父、といった過酷な現実を乗り越えるために足を踏み入れる幻想の世界。そこには、恐ろしい化け物が跳梁跋扈し、乗り越えなければならない試練が待ち受けています。監督の豊かな想像力から生み出された異形の魔物たちは本当にグロテスクで、大人も思わず震え上がりそうなものばかり(特に、手のひらに目がついてるやつは絶対に会いたくないぞ(笑))。しかし、そんな化け物がいたとしても、その世界に浸り、スリリングな体験をしているほうがいいと思えるほどに、現実の世界は少女にとって残酷。生きるために軍人である新しい夫と結婚しようとする母親のなかに現実に疲れた一人の女の姿を見、軍人である義父の暴力性と身勝手さ、そして尾を引く内戦の悲惨さ・・・。でも、現実が過酷であるほどに幻想はさらに輝きを増していくものなのでしょう。だからこそ、クライマックスの悲劇においても、幻想の世界が少女に救いを与えてくれるのですから。

ファンタジー=子供向けと思っている方、そして仕事や人間関係など現実に疲れた方(笑)におすすめしたい、美しくも悲しい作品。今年見た中では個人的にはかなりお気に入りの作品です。

公式サイト
http://www.panslabyrinth.jp/

ノベライズ版&サウンドトラック



ギレルモ・デル・トロ監督作品



この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 18:09| Comment(1) | TrackBack(11) | 映画 (ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとう。

>自らを「メキシコのトトロ」と呼ぶ

それ、本当?(笑)
たしかに、宮崎アニメの影響も受けていますね。特に、「森=精霊」の捉え方。
Posted by kimion20002000 at 2007年10月28日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-10-23 16:23

映画「パンズ・ラビリンス」
Excerpt: 原題:Pan's Labyrinth この映画での"PG-12"の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-10-28 14:24

パンズ・ラビリンス 観てきました。
Excerpt:  風邪を引いてしまい、風邪薬を飲みながらパンズ・ラビリンスを観てきました。風邪と薬の影響もあってだいぶ眠かったんですが。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-10-28 23:19

★「パンズ・ラビリンス」
Excerpt: 今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-11-04 03:23

パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno)
Excerpt: 監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとし..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2007-11-20 15:55

パンズ・ラビリンス
Excerpt: ある番組で「10年に一度の映画だ!」とベタぼめしていて、 あと「この結末は誰にも予想できない!」とかの触れ込みで 気になって、気になって。。。 全く私は、思う壺型の人間だな。( ^ _ ^; ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-12-05 02:53

パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」
Excerpt: カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
Weblog: CARAMEL*PAPA
Tracked: 2007-12-15 00:54

『パンズ・ラビリンス』
Excerpt: これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙) 「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2008-05-31 02:00

『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米
Excerpt: あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-06-18 11:08

『パンズ・ラビリンス』を観たぞ〜!
Excerpt: 『パンズ・ラビリンス』を観ました1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジーです>>『パンズ・ラビリンス』関連原題: ELLABERI..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-08-09 22:42

パンズ・ラビリンス
Excerpt: パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2010-12-04 13:40
タグクラウド