記事検索
 

2016年12月20日

『ブレードランナー 2049』予告編。

様々な映画やアニメ、漫画などに多大なる影響を与えたSF映画の金字塔『ブレードランナー』。その35年ぶりとなる続編『ブレードランナー 2049』の予告編が公開されました。

ストーリーの詳細はまだ不明ですが、舞台は前作から30年後。新人捜査官のKがデッカードを探し出し、30年前の事件の真相を解明していくというもののようです。

出演はライアン・ゴズリング(『ドライヴ』『ラ・ラ・ランド』)、ジャレッド・レト(『スーサイドスクワッド』『パニックルーム』)、ロビン・ライト(『ハウス・オブ・カード』『フォレストガンプ』)、デイヴ・バウチスタ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『007:スペクター』)、アナ・デ・アルマス(『ノック、ノック』)、レニー・ジェームズ(『ウォーキング・デッド』)、マッケンジー・デイヴィス(『オデッセイ』)、そしてハリソン・フォード(『ブレードランナー』『スターウォーズ』『インディ・ジョーンズ』)。監督は『プリズナーズ』『ボーダーライン』『複製された男』のドニ・ヴィルヌーヴ。前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮で参加しています。

アメリカでは2017年10月6日公開。日本では2017年11月公開です。

前作Blu-ray、Amazonビデオ

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

マーチン・スコセッシ監督作品『沈黙 -サイレンス-』予告編。

遠藤周作の小説『沈黙』をマーチン・スコセッシ監督が映像化することで話題を呼んでいる映画『沈黙 -サイレンス-』の予告編が公開されました。

過酷なキリシタン弾圧が続く17世紀の日本を舞台に、自らの信仰心を試されることとなる若きイエズス会の司祭の苦悩を描きます。

出演はアンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』『ソーシャルネットワーク』)、リーアム・ニーソン(『96時間』『シンドラーのリスト』)、アダム・ドライバー(『スターウォーズ:フォースの覚醒』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』)、キーラン・ハインズ(『ミュンヘン』)、浅野忠信(『淵に立つ』『マイティ・ソー』)、塚本晋也(『野火』『シン・ゴジラ』)、窪塚洋介(『GO』『ヘルタースケルター』)、イッセー尾形(『太陽』『HERO』)、笈田ヨシ(『TAXI2』『最後の忠臣蔵』)、加瀬亮(『劇場版SPEC』『はじまりのみち』)、小松奈菜(『溺れるナイフ』『僕は明日、昨日の君とデートする』)ほか。

アメリカでは2016年12月23日公開。日本では2017年1月21日公開です。

公式サイト(日本語)
http://chinmoku.jp/

原作(文庫版、kindle版)

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

ハリウッド版『攻殻機動隊』公式予告編公開!

昨日11月13日には来日中の主演のスカーレット・ヨハンソン、監督のルパート・サンダース、そして荒巻課長役の北野武による記者会見が行われたハリウッド実写版『攻殻機動隊』。これまでに、劇中のいくつかのシーンを抜き出した映像が公開されていましたが、いよいよ正式な予告編が公開となりました。

映像を見ると、劇場版をベースとしつつ、テレビシリーズの要素が入り混じっている、といった感じですね。例えば、少佐がビルの屋上からダイブして突入するシーンは劇場版そっくりになっていますが、突入すると中はテレビ版第1話の芸者ロボット暴走シーンが展開されていたりとか。他にも、少佐の誕生シーンや、光学迷彩で透明になりながらの格闘シーンなど、全体的になかなか再現度が高く、期待できそうです。

アメリカでは2017年3月に公開。日本でも4月の公開が予定されています。

公式サイト(日本語)
http://ghostshell.jp/

関連記事
スカヨハ&ビートたけし、実写「攻殻機動隊」物語の断片を語る : 映画ニュース - 映画.com

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

『X-MEN』スピンオフ『LOGAN』予告編。

マーベルの人気コミックシリーズ『X-MEN』の中でも特に人気のあるキャラクター、ウルヴァリンを主人公としたスピンオフシリーズ第3弾『LOGAN』の予告編が公開されました。ストーリーの詳細は不明ですが、プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)が登場しているのが非常に興味深いものとなっています。監督は前作『ウルヴァリン:SAMURAI』に続きジェームズ・マンゴールドが担当。

アメリカでは2017年3月3日公開。日本での公開は未定です。

2016年10月22日追記:日本版予告編追加。日本では2017年6月公開となりました。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作予告編。

ジョニー・デップ演じる海賊ジャック・スパロウが大人気となった映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』。そのシリーズ最新作『Pirates Of The Caribbean: Dead Men Tell No Tales』の予告編が公開されました。ストーリーの詳細はいまだ不明ですが、すべての海賊の滅亡をもくろむ死神サラザールとの戦いが描かれる模様です。

出演はジョニー・デップ、ハビエル・バルデム(『007:スカイフォール』)、ジェフリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『シャイン』)、オーランド・ブルーム(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ)、ブレントン・スウェイツ(『キング・オブ・エジプト』)、かや・ステゴラ−リオ(『メイズ・ランナー』)ほか。監督は実話を基にした海洋冒険映画『コン・ティキ』でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ。

アメリカでは2017年5月26日公開。日本では『パイレーツ・オブ・カリビアン:最後の海賊』という邦題で2017年7月1日公開です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

ハリウッド版『攻殻機動隊』、特別映像公開。

スカーレット・ヨハンソンが主人公、草薙素子(同じ名前になるのかはまだ不明、少佐とは呼ばれるらしい)を演じることでも話題のハリウッド版『攻殻機動隊』の映像がいよいよ公開されました。今回は本編から抜き出した映像が5本で、しかも一本あたり10秒程度と短いものになっています。

1.『攻殻機動隊:STAND ALONE COMPLEX』第1話に登場した芸者型ロボットと思われる女性が歩くシーン。

2.スカヨハ演じる少佐が、首の後ろのケーブルを抜くシーン。

3.少佐が女性のほほに触れているシーン。

4.北野武演じる荒巻課長が銃を撃つシーン。

5.銃を構えた少佐が、ケーブルにつながっている謎の集団に迫るシーン。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

ハリウッド版『リング』第3弾『Rings』予告編。

作家・鈴木光司の同名ホラー小説を中田秀夫監督、松嶋菜々子主演で映画化し、一躍Jホラーの名前を広めることとなった映画『リング』。その人気は日本国内にとどまらず、ハリウッドでも後に『パイレーツ・オブ・カリビアン』を監督するゴア・ヴァービンスキーがメガホンをとり、主演にナオミ・ワッツを迎えてリメイクされてヒット。その続編は本家の中田秀夫監督のハリウッドデビュー作ともなり話題を呼びました。また最近でも『貞子3D』や『貞子VS伽椰子』などの派生作品が作られるなど、その人気はいまだ衰えることがありません。

そんな『リング』の11年ぶりとなるハリウッド版第三弾『Rings』の予告編が公開されました。今回は、ネットにアップされていた呪いのビデを見てしまうことで呪われるという、現代的な設定が印象的。またタイトルが複数形なのも気になるところですね。

出演はイタリア出身の新進女優マティルダ・ラッツ、アレックス・ロー(『フィフス・ウェーブ』)。監督はスペイン出身のF・ハビエル・グティエレス(『アルマゲドン・パニック』)。

アメリカでは2016年10月28日公開。日本での公開は未定です。

F・ハビエル・グティエレス監督作品

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

『バイオハザード:ザ・ファイナル』予告編。

ローラが出演していることでも話題となっている『バイオハザード:ザ・ファイナル』の予告編が公開されました。今回は、シリーズの出発点であるラクーン・シティを再び舞台とし、ミラ・ジョヴォビッチ演じるアリスの最後の戦いが描かれます。

アメリカでは2017年1月27日公開ですが、日本では世界最速で今年の12月23日公開です。

ちなみにこちらがアメリカ版の予告編。日本版より、ガンズ&ローゼズのパラダイス・シティに合わせて映像が展開されるこっちの予告のほうがかっこいいと思うんですが。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

M・ナイト・シャマラン監督最新作『SPLIT』予告編。

『シックス・センス』『サイン』のM・ナイト・シャマラン監督の最新作『SPLIT』の予告編をご紹介。多重人格の男に拉致・監禁された3人の女性の恐怖の体験を描くサイコスリラーです。主演はジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN:アポカリプス』)。

アメリカでは2017年1月20日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』続編、『Blair witch』予告編。

行方不明になった大学生が撮影した映像を編集したという設定の偽ドキュメンタリー形式が話題を呼び、制作費が600万円ほどだったにもかかわらず世界で200億円以上の興行収入を稼ぎ出し、数多くの二番煎じ作品を生み出した『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』。その正当な続編作品『Blair witch』の予告編が公開されました。前作から15年。1作目の主人公ヘザーの弟がYoutubeで姉らしき人物が映っている動画を発見。それをきっかけに友人らとともにブレアウィッチの森を訪れ、再び恐怖がよみがえる、というもの。キャストとメインスタッフ意外には偽の脚本が渡されるなど徹底した情報統制が行われ、当初は『ザ・ウッズ』というタイトルが発表されていたのですが、Comic-conで『Blair witch』にタイトルが変更されることが発表されました。

監督は『サプライズ』『ザ・ゲスト』といったホラー作品で注目され、netflix版『デスノート』の監督にも抜擢されたアダム・ウィンガード。

アメリカでは2017年9月16日公開。日本でもすでに公開が決定しており12月1日公開です。

公式サイト(日本版)
http://www.blair-witch.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

『King Arthur: Legend of the Sword』予告編。

前回に続き、Comic-con発表の最新映画予告をご紹介。ここでは『King Arthur: Legend of the Sword』をご紹介。これまでにも何度か映像化されてきたイギリスの伝説の王、アーサーの物語を『コードネーム:アンクル』『シャーロック・ホームズ』『スナッチ』のガイ・リッチーがメガホンをとり映像化。出演はチャーリー・ハナム(『パシフィック・リム』『クリムゾン・ピーク』)、ジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』『A.I.』)ジャイモン・フンスー(『グラディエーター』)ら。

アメリカでは2017年3月24日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

新たなキングコングの物語『コング:スカルアイランド』予告編。

comic con予告第3弾は『コング:スカルアイランド』。キングコングの物語のリブート版で、出演はトム・ヒドルストン(『アベンジャーズ』『ハイ・ライズ』)、ブリー・ラーソン(『ルーム』『ショート・ターム』)、サミュエル・L・ジャクソン(『アベンジャーズ』『パルプ・フィクション』)、ジョン・グッドマン(『10クローバーフィールド・レーン』『アルゴ』)ほか。監督はジョーダン・ボート・ロバーツ。今回のキングコングは、2020年公開予定の『ゴジラVSコング』でゴジラと戦う予定があるため、サイズがこれまでになく巨大になっているのが特徴です。

アメリカでは2017年3月10日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャスティス・リーグ予告編。

Comic conお披露目予告編紹介第2弾は『ジャスティス・リーグ』です。

こちらも『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』『ワンダーウーマン』に続くDCコミック作品で、ワンダーウーマン同様「バットマンVS以下略』にちょっとだけ出演していたフラッシュやアクアマンといったヒーローが登場。バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンらとともにチームを結成。悪に立ち向かうというもの。簡単に言えばDCコミック版アベンジャーズといった趣の作品です。監督はザック・スナイダー(『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』『マン・オブ・スティール』『300』)。アメリカでは2017年11月17日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンダーウーマン予告編。

今年もアメリカ最大級のオタク向けイベントComic Conが開催され、それに合わせ様々な新作映画の予告編が公開されましたので、ご紹介。

まずはワンダーウーマン。日本では今年3月に公開された『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』に顔見世ゲスト出演していたアクションヒロインを単独主人公とした作品。出演はガル・ガドット(『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』『ワイルドスピード』シリーズ)、クリス・パイン(『スタートレック』『アンストッパブル』)ほか。監督は実在の女殺人鬼の物語をシャーリーズ・セロン主演で描き、彼女にアカデミー賞主演女優賞をもたらしたパティ・ジェンキンス。

アメリカでは2017年6月2日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

イーストウッドがハドソン川の奇跡を描く『SULLY』予告編。

2009年、ニューヨークのラガーディア空港を飛び立ったエアバスA320に、バードストライク(エンジンに鳥が飛び込むことによってエンジンが停止してしまうこと)によって左右両方のエンジンが停止してしまうという非常にまれ、かつ最悪の事故が発生。しかし、機長のチェズレイ・サレンバーガーの冷静かつ適切な対処により、飛行機はハドソン川に不時着。機体が沈む前に全乗客、乗務員が脱出するとに成功した、通称「ハドソン川の奇跡」。この実話をクリント・イーストウッド監督が映画化。

出演はトム・ハンクス(『ダヴィンチコード』『フォレスト・ガンプ』)、アーロン・エッカート(『エリン・ブロコビッチ』『ペイチェック』)、ローラ・リニー(『キャシーのbig C いま私にできること』『イカとクジラ』)ほか。

アメリカでは2016年9月9日公開。日本では『ハドソン川の奇跡』の邦題で、9月24日公開です。

公式サイト(日本版)
http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

サイト外に飛びます
USエアウェイズ1549便不時着水事故 - Wikipedia

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

『アサシン クリード』実写映画版、予告編。

12世紀末のエルサレムを舞台に活躍する暗殺者、アルタイルの姿を描く日本でも人気のアクションゲーム『アサシン クリード』。その実写映画版の予告編が公開されました。

出演は現在公開中の『マクベス』でも共演しているマイケル・ファスベンダー(『スティーヴ・ジョブズ』『それでも夜は明ける』)、マリオン・コティヤール(『君と歩く世界』『インセプション』)。監督も『マクベス』のジャスティン・カーゼルがつとめています。

アメリカでは2016年12月21日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

マクドナルド創業者の物語。『The Founder』予告編。

誰もが知っているファストフード界の帝王、マクドナルド。いま日本では異物混入事件が尾を引くなど苦戦中ですが、そんな中、マクドナルドの創業者レイ・クロックの伝記映画『The Founder』の予告編が早くも公開されました。

本作は、5種類のミルクシェーキを同時に製造できる機械の販売者として全国をセールスに飛び回っていたレイが、カリフォルニアで最初のマクドナルドを経営していたマクドナルド兄弟から、フランチャイズ権を購入し、会社を成長させていく姿を描きます。

出演はマイケル・キートン(『バードマン』『スポットライト』)、リンダ・カルデリーニ(『スーパー!』)、パトリック・ウィルソン(『ウォッチメン』)、ローラ・ダーン(『ジュラシック・パーク』)ほか。監督はジョン・リー・ハンコック(『しあわせの隠れ場所』『ウォルト・ディズニーの約束』)。

アメリカでは2016年8月6日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

『荒野の七人』リメイク版、予告編。

映画史に名を残す傑作、黒澤明監督の『七人の侍』。それを西部劇として翻案したのがジョン・スタージェス監督、ユル・ブリンナー主演の『荒野の七人』でした。数年前からそのリメイク版の企画が持ち上がっていたのですが、ついに完成、その予告編が公開されました。

出演はデンゼル・ワシントン。クリス・プラット、イーサン・ホーク、ヴィンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン、ピーター・サースガード。監督はアントワーン・フークア(『トレーニング デイ』『エンド・オブ・ホワイトハウス』『イコライザー』)。

アメリカでは2016年9月23日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

『シン・ゴジラ』公式予告、公開。

総監督&脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣という豪華タッグが話題の『シン・ゴジラ』。その公式予告が公開されました。ついに新たな日本版ゴジラも登場。皮膚の隙間から赤くただれた部分が見えるというこれまでとはひと味違った造形が印象的です。公開は7月29日です。

公式サイト
http://shin-godzilla.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

早くも登場!『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』特報。

今年12月16日より公開されるスターウォーズのスピンオフ作品、『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』の特報が早くも公開されました。エピソード4の冒頭で、レイア姫がR2-D2に託したデススターの設計図。それは一体どうやって盗み出されたのか?これまで明らかにされなかったのその経緯が描かれます。ぜひご覧ください。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。