記事検索
 

2015年04月18日

バットマンとスーパーマンはどっちが強い?『Batman v Superman: Dawn of Justice』特報。

マーベル・コミックと双璧をなすコアメコミ出版社DCコミックス。その代表作である『スーパーマン』と『バットマン』がまさかのバトルを繰り広げるファン待望の作品『Batman v Superman: Dawn of Justice』の特報が公開されました。ストーリーの詳細は不明ですが、本作で新たにバットマン役を演じるベン・アフレックの姿や、その強大すぎる力故にスーパーマンが世間から疎まれているらしいことなどが確認できます。

出演はベン・アフレック(『ゴーン・ガール』『アルゴ』)、ヘンリー・カヴィル(『マン・オブ・スティール』『インモータルズ』)、エイミー・アダムス(『アメリカン・ハッスル』『魔法にかけられて』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャルネットワーク』『グランド・イリュージョン』)、ダイアン・レイン(『マン・オブ・スティール』『トスカーナの休日』)、ローレンス・フィッシュバーン(『マトリックス』シリーズ)、ガル・ガドット(『ワイルド・スピードEURO MISSION』)、ジェレミー・アイアンズ(『ダメージ』『運命の逆転』)、ホリー・ハンター(『ピアノ・レッスン』『クラッシュ(1996)』)、ジェナ・マローン(『ドニー・ダーコ』『エンジェル・ウォーズ』)、ジェイソン・モモア(『ゲーム・オブ・スローンズ』『コナン・ザ・バーバリアン』)監督は『マン・オブ・スティール』『300』『エンジェル・ウォーズ』のザック・スナイダー。

アメリカでは2016年3月25日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

シリーズ第5弾『ミッション・インポッシブル:ローグ・ネイション』予告編。

言わずと知れたトム・クルーズ主演の大ヒットアクションシリーズ『ミッション・インポッシブル』。そのシリーズ第5弾『ミッション・インポッシブル:ローグ・ネイション』の予告編が、英語版と同時に日本語版も公開されました。

今回は、おなじみイーサン・ハント率いるメンバーが、IMF壊滅を企む国際犯罪組織に戦いを挑みます。

出演はトム・クルーズ(『ミッション・インポッシブル』シリーズ、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』)、ジェレミー・レナー(『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』『ボーン・レガシー』『アベンジャーズ』)、サイモン・ペッグ(『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』)、ビング・レイムス(『ミッション・インポッシブル』シリーズ、『パルプ・フィクション』)、アレック・ボールドウィン(『ブルー・ジャスミン』『ディパーテッド』)、レベッカ・ファーガソン(『ヘラクレス』)、サイモン・マクバーニー(『博士と彼女のセオリー』)ほか。監督は富む主演の『アウトロー』で監督デビューしたクリストファー・マッカリー。

アメリカでは2015年7月31日公開。日本では8月7日公開です。

公式サイト
http://www.missionimpossiblejp.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

実写版『進撃の巨人』特報、公開!

実写版『進撃の巨人』の本編映像を使った30秒の特報がいよいよ公開となりました。ぜひご覧ください!

なお、前編は8月1日、後編は9月19日公開です。

公式サイト
http://www.shingeki-seyo.com/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

新しい肉体を手に入れた男の悪夢を描く。『Self/less』予告編。

『ザ・セル』『落下の王国』などの作品における独特の映像美で観客を魅了するターセム・シン監督の最新作、『Self/less』の予告編をご紹介。は、がんに侵された大富豪が、最先端の医療処置によってその意識をとある青年の頭脳に移植することに成功。再び人生を謳歌し始めたが、時折その青年の生前のものと思われる記憶が蘇ってくることに悩まされ始め、彼が一体誰なのか調べ始める。しかし、秘密を守りたい組織によって命を狙われ始める、というSFスリラーです。

出演はライアン・レイノルズ(『グリーン・ランタン』『R.I.P.D.』)、ベン・キングズレー(『ガンジー』『エクソダス 神と王』)、マシュー・グード(『イミテーション・ゲーム』『ウォッチメン』)、ナタリー・マルチネス(『アンダー・ザ・ドーム』『エンド・オブ・ウォッチ』)ほか。

アメリカでは2015年7月31日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

老ホームズ最後の活躍『Mr. Holmes』予告編。

イギリスの作家、サー・アーサー・コナン・ドイルが生み出した名探偵シャーロック・ホームズ。これまでにも度々映像化され、最近では物語の舞台を現代に移し、ベネディクト・カンバーバッチがホームズを演じた『シャーロック』が大人気となりました。そんなホームズ作品に新たな一本が誕生。それが今回予告編をご紹介する『Mr. Holmes』です。

探偵業を引退し、養蜂家となっていた年老いたホームズが、未解決事件を解決するため最後の冒険に出るという内容となっています。

出演はイアン・マッケラン(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『ホビット』シリーズ)、ローラ・リニー(『愛についてのキンゼイ・リポート』『イカとクジラ』)、マイロ・パーカー、ハッティ・モナハン(『バンク・ジョブ』『ライラの冒険:黄金の羅針盤』)、パトリック・ケネディ(『つぐない』『戦火の馬』)、真田広之(『ラスト・サムライ』『ウルヴァリン:SAMURAI』)ほか。監督はビル・コンドン(『ドリームガールズ』『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1&2』)。

アメリカでは2015年中の公開が予定されています。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

デル・トロ監督最新作、『Crimson Peak』予告編。

『パシフィック・リム』で大好きな日本の怪獣映画やロボット物に大いなるリスペクトを捧げてくれたギレルモ・デル・トロ監督の最新作『Crimson Peak』の予告編が公開されました。今回は、監督のもう一つの大好物である、ホラーを題材とした作品。若き女流作家エディスが体験する恐怖を描くゴシックホラーです。

出演はミア・ワシコウスカ(『アリス・イン・ワンダーランド』)、トム・ヒドルストン(『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』)、ジェシカ・チャスティン(『ゼロ・ダーク・サーティ』『欲望のバージニア』)、チャーリー・ハナム(『パシフィック・リム』)ほか。

アメリカでは2015年10月5日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

紀里谷和明監督ハリウッド進出作『Last Knights』予告編。

数々のミュージックビデオで名を馳せ、その後映画界に進出。『CASSHERN』『GOEMON』を監督し、宇多田ヒカルの元夫としても知られる紀里谷和明監督。そんな彼がいよいよハリウッドに進出。監督作第1弾『Last Knights』の予告編が公開されました。圧政を敷く邪悪な為政者を倒すために戦う戦士の姿を描くアクション・ファンタジーです。

出演はクライヴ・オーウェン(『トゥモロー・ワールド』『インサイド・マン』)、モーガン・フリーマン(『セブン』『ラスト・ベガス』)。

アメリカでは2015年4月1日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

ガイ・リッチー監督最新作『The Man from A.N.C.L.E.』予告編。

1960年代後半にロバート・ヴォーン、デヴィッド・マッカラム主演で放送されたスパイアクション、『The Man from A.N.C.L.E.』。日本でも『0011 ナポレオン・ソロ』という邦題で日本テレビ系で放送され大人気となったTVシリーズが新たに映画となって復活することになりました。TV版同様1960年台を舞台に、悪の秘密結社スラッシュと戦う、ナポレオン・ソロとイリヤ・クリヤキンの活躍を描きます。

出演はヘンリー・カヴィル(『マン・オブ・スティール』)、アーミー・ハマー(『ローン・レンジャー』『ソーシャルネットワーク』)、ヒュー・グラント(『ブリジット・ジョーンズの日記』『ノッティングヒルの恋人』)、ジャレッド・ハリス(『シャーロック・ホームズ』『ザ・ウォード』)、アリシア・ヴィカンダー(『アンナ・カレーニナ(2012)』)、エリザベス・デビッキ(『華麗なるギャツビー(2013)』)ほか。あと、デビッド・ベッカムも出演しているらしいですよ。監督はガイ・リッチー(『シャーロック・ホームズ』『スナッチ』)。

アメリカでは2015年8月14日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

『ポルターガイスト』リメイク版予告編。

スティーブン・スピルバーグ製作、トビー・フーパーが監督(『悪魔のいけにえ』)をつとめ、郊外にある一軒家に引っ越してきた家族が遭遇する恐怖体験を描いたホラー映画『ポルターガイスト』。シリーズはパート3まで製作されたものの、作られるごとに関係者が死ぬという不気味な事態に見まわれ、3作目製作中には主人公の少女キャロル・アンを演じたヘザー・オルークが難病により12才の若さで死去。日本公開時には『少女の霊に捧ぐ…』というサブタイトルが付けられるなど、大いに話題となったことを覚えている方もいらっしゃると思います。

今回、そんないわくつきの映画のリメイク版が完成。予告編が公開されました。

出演はサム・ロックウェル(『月に囚われた男』『チャーリーズ・エンジェル』)、ローズマリー・デューウィット(『シンデレラ・マン』)、ジャレッド・ハリス(『シャーロック・ホームズ:シャドウゲーム』『リンカーン』)ほか。監督はギル・キーナン(『モンスターハウス』『エンバー 失われた光の物語』)。また、今回はサム・ライミがプロデュースを担当しています。

アメリカでは2015年6月24化公開。日本での公開は未定です。

公式サイト(英語)
http://poltergeist-movie.com/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

『マジック・マイク』続編、『Magic Mike XXL』予告編。

俳優チャニング・テイタムが若かりし頃に男性ストリッパーをしていた経験を題材に、スティーブン・ソダーバーグ監督が映像化した『マジック・マイク』。その続編である『Magic Mike XXL』の予告編が公開されました。自分でデザインした家具を売るという夢を実現させるため、奮闘するマイクの姿が前作に続き描かれます。

出演はチャニング・テイタム(『ホワイトハウス・ダウン』『フォックス・キャッチャー』)、アンバー・ハード(『ドライブ・アングリー』『ラム・ダイアリー』)、マット・ボマー(『ホワイトカラー』『マジック・マイク』)、ジョー・マンガニエロ(『マジック・マイク』『サボタージュ』)、エリザベス・バンクス(『ハンガー・ゲーム』『スパイダーマン』)、ジェイダ・ピンケット・スミス(『マトリックス:リローデッド』)、アンディ・マクダウェル(『セックスと嘘とビデオテープ』『フォー・ウエディング』)、アダム・ロドリゲス(『CSI:マイアミ』)ほか。監督は、監督業引退を宣言したスティーブン・ソダーバーグに代わり、彼の作品の多くで助監督を務めたグレゴリー・ジェイコブズにバトンタッチ。

アメリカでは2015年7月1日公開。日本での公開は未定です。

公式サイト(英語)
http://www.magicmikemovie.com/

前作(Blu-ray、AMAZONインスタントビデオ)

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

ついにあいつが帰ってくるぞ!『テッド2』予告編登場!

不思議な力で命が宿ったものの、エロいヘンタイ中年おやじと化してしまったクマのぬいぐるみ、テッド。彼と親友ジョンの友情とドタバタを描き、アメリカン・コメディ不毛の地、日本でも予想外の大ヒットなった映画『テッド』。その待望の続編『テッド2』の予告編がいよいよ公開となりました。

今回、なんとテッドが結婚。人工授精で子供を作ろうとするのですが、そこに法律の壁が立ちはだかり、テッドが人間であることを証明しないといけない事になってしまいます。

出演はマーク・ウォルバーグ(『テッド』『トランスフォーマー/ロストエイジ』)、アマンダ・セイフライド(『レ・ミゼラブル(2012)』『マンマ・ミーア』)、リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』『96時間』シリーズ)、モーガン・フリーマン(『セブン』『許されざる者』)、パトリック・ウォーバートン(『テッド』)、デニス・ヘイズバート(『24』)ほか。監督、そしてテッドの声を担当するのは前作に引き続きセス・マクファーレン。

アメリカでは2015年6月26日公開。日本では8月の公開が予定されています。

【『テッド』公式Facebookページ】
【『テッド』公式Twitter】

前作Blu-ray、Amazonインスタントビデオ

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

『ファンタスティック・フォー』リブート版、予告編公開!

『アベンジャーズ』『スパイダーマン』などでお馴染みマーベル・コミックの作品の一つ、『ファンタスティック・フォー』。2005年、2007年にヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンスらの出演で2度映画化されたこともありましたが、早くもリブート版の製作が決定。そのティーザートレイラーがいよいよ公開されました。

出演はマイルズ・テラー(『ダイバージェント』)、ケイト・マーラ(『ハウス・オブ・カード』『トランセンデンス』)、マイケル・B・ジョーダン(『クロニクル』『フルートベール駅で』)、トビー・ケベル(『猿の惑星:新世紀』『悪の法則』)、ジェイミー・ベル(『リトル・ダンサー』『キングコング』)ほか。監督は、『クロニクル』で注目されたジョシュ・トランク。

アメリカでは2015年8月7日公開。日本での公開は未定です。それにしても、旧シリーズが公開されてからもまだそれほど年数がっっていないのに、リブート版作るのが早いですね。まあ、旧シリーズでヒューマン・トーチを演じたクリス・エヴァンスは今ではすっかりキャプテン・アメリカだし、今のうちに役者を変更してリブートしておけば、将来的に作品の垣根を超えた共演とかもあるのかもしれませんしね。ただ、『ファンタスティック・フォー』に関しては、まだ20世紀フォックスが実写映画化権を持ってるようですから、なかなか難しいかもしれませんが。

公式サイト(英語)
http://www.fantasticfourmovie.com/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

マーベル・コミック実写映画最新作『Antman』予告編。

『アイアンマン』『スパイダーマン』『アベンジャーズ』などの作品で日本でも結構おなじみの存在となってきたマーベルコミックの作品を実写化するプロジェクトの最新作『Antman』の予告編が公開されました。

詐欺罪で収監された男、スコット・ラング。彼が本当は正義感のある男であることを見抜いたハンク・ピム博士は、スコットに人間の力を増幅し、更に昆虫サイズまで体を縮小できる特殊なスーツを託す。スコットは博士の思いに応え、正義のヒーロー、アントマン(蟻男)として活動を開始するのだった。

出演はポール・ラッド(『40歳の童貞男』)、マイケル・ダグラス(『氷の微笑』『トラフィック』)、エヴァンジェリン・リリー(『LOST』『ホビット 決戦のゆくえ』)、ヘイリー・アトウェル(『キャプテン・アメリカ』)、ジュディ・グリア(『キャリー(2013)』)、コリー・ストール(『ロー&オーダー:L.A.』『ミッドナイト・イン・パリ』)、マイケル・ペーニャ(『エンド・オブ・ウォッチ』『フューリー』)ほか。監督はペイトン・リード(チアーズ!『イエスマン“YES”は人生のパスワード』)。アメリカでは2015年7月17日公開。日本では9月の公開が予定されているようです。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

ワールド・トレード・センターで命がけの綱渡り『The Walk』予告編。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ』などで知られるロバート・ゼメキス監督の最新作『The Walk』の予告編をご紹介。1974年、フランス人の大道芸人フィリップ・プティが、ワールド・トレード・センターのツインタワーの屋上で、命綱なしで綱渡りに挑戦した実話を描く、手に汗握る人間ドラマです。

出演はジョセフ・ゴードン・レヴィット(『ダークナイト・ライジング』『50/50』)、ベン・キングズレー(『ガンジー』『シンドラーのリスト』)ほか。

アメリカでは2015年10月公開予定。日本では2016年になりそうです。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

ターミネーター再起動!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』予告編。

説明不要の大人気SFアクションシリーズ『ターミネーター』。そのシリーズ最新作にして新たな3部作の第1弾『Terminator: Genisys』の予告編が公開されました。人類対機械の戦いが繰り広げられている未来世界。機械側は人類のリーダー、ジョン・コナーがそもそも生まれてこないようにするため、殺人マシーン、ターミネーターを過去の世界に送り込み、ジョンの母親サラ・コナーの抹殺を企む。一方ジョンは、サラを守るため、部下の一人、カイル・リースを過去に送り込むのだった。…というところまではお馴染みの展開なのですが、此処から先が驚きの連続。過去に送り込まれ、早速ターミネーターに命を狙われるカイルをなんとサラが救出するのです!しかも、ターミネーターはどうやら、子供の頃のサラと出会っているらしいんですよ。これまでとは違った時間軸の中での物語っぽいですね、今回は。旧作へのオマージュを感じさせるシーンもあったり、イ・ビョンホン演じるターミネーターが警官の制服を着た液体金属型で、パート2に登場したT-1000と同じタイプらしいのも気になります。

出演はアーノルド・シュワルツェネッガー(『ターミネーター』シリーズ『エクスペンダブルズ』シリーズ)、エミリア・クラーク(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、ジェイ・コートニー(『ダイ・ハード5』『アウトロー』)、ジェイソン・クラーク(『猿の惑星:新世紀』)J・K・シモンズ(『スパイダーマン』シリーズ)イ・ビョンホン(『JSA』『悪魔を見た』)、アーロン・V・ウィリアムソン(『それでも夜は明ける』『』)監督はアラン・テイラー(『マイティ・ソー:ダーク・ワールド』『ゲーム・オブ・スローンズ』)。

アメリカでは2015年7月1日公開。日本では『ターミネーター:新起動/ジェニシス』という邦題で、やはり2015年7月の公開が予定されています。

2014年12月9日追記:日本版予告編追加。

公式サイト(日本語)
http://www.terminator-movie.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

『スター・ウォーズ エピソード7』ティーザー予告公開!

ジョージ・ルーカスが生み出した壮大なSF叙事詩『スター・ウォーズ』。その待望のシリーズ第7弾『Star Wars: Episode VII - The Force Awakens』のティーザートレイラーがついに公開されました!エピソード6から30年後を舞台に、新たな物語が幕を開けます。

出演はマーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、ピーター・メイヒューら旧三部作のオリジナルメンバーに加え、アンディ・サーキス(『猿の惑星:新世紀』『キングコング』)、マックス・フォン・シドー(『エクソシスト』『マイノリティ・リポート』)、オスカー・アイザック(『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』『ドライヴ』)、アダム・ドライバー(『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』『フランシス・ハ』)、ルピタ・ニョンゴ(『それでも夜は明ける』『フライト・ゲーム』)らが出演。監督はJ・J・エイブラムス(『ミッション・インポッシブル3』『スタートレック』『スーパー8』)がつとめます。

アメリカでは2015年12月公開。日本は未定ですが、ほぼ同時期になるのではないでしょうか。まだ1年近くあるので、期待して待ちたいですね。

2014年11月29日21時ごろ追記:日本語版予告追加

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

『ジュラシック・パーク4(仮)』ティーザー予告公開!

太鼓の蚊が吸った恐竜の血液からDNAを採取し、恐竜を現代に蘇らせたテーマパークで発生した惨劇を描き出した映画『ジュラシック・パーク』。作家の故・マイケル・クライトンが執筆した小説を、スティーブン・スピルバーグが映像化した本作は世界中で大ヒットを記録し、3作目まで製作されました(3作目の監督は・ジョー・ジョンストン)。もちろん日本でも大ヒットしたので、劇場で見たなあと懐かしく思い出す方も多いと思います。そんな大ヒットシリーズの、14年ぶりの続編『Jurassic World』の公開が決定、ティーザートレイラーが公開されました。

大富豪ジョン・ハモンドによってイスラ・ヌブラル島に建設された、本物の恐竜を見ることのできるテーマパーク、その名もジュラシック・パーク。予期せぬ恐竜の暴走により計画は頓挫し、施設はそのまま放棄されていた。しかし、ハモンドの所有するインジェン社を買収したマスラニ社によって計画は続行され、新たにジュラシック・ワールドと言う名前で復活。多くの観光客が訪れる人気テーマパークとなっていた。だが、新種の恐竜を開発する施設から恐竜が脱走、観光客を襲い始めるのだった…。

出演はクリス・プラット(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)、ブライス・ダラス・ハワード(『ターミネーター4』『スパイダーマン3』)、ジュディ・グリア(『キャリー(2013)』『ファミリー・ツリー』)、ジェイク・ジョンソン(『New girl/ダサカワ女子と三銃士』『』)、タイ・シンプキンス(『アイアンマン3』)、オマール・シー(『最強のふたり』)、イルファン・カーン(『ライフ・オブ・パイ』『アメイジング・スパイダーマン』)、ヴィンセント・ドノフリオ(『フルメタル・ジャケット』『大脱出』)、B・D・ウォン(『ジュラシック・パーク』)ほか。監督はファンタジックなラブコメディ『彼女はパートタイムトラベラー』で注目されたコリン・トレボロウ。

アメリカでは2015年6月12日公開。日本では2015年8月7日公開予定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

『第9地区』監督最新作、『Chappie』予告編!

『第9地区』『エリジウム』のニール・ブロムカンプ監督の最新作『Chappie』の予告編が公開されました。本作は、Chappieと名付けられた人型ロボットが、多くの人々との出会いを通じて成長していくSFドラマです。うさぎ耳のようなものがついたChappieのデザインが、どこなくイングラムやブリアレオスを彷彿とさせますね。

出演はシャールト・コプリー(『第9地区』『エリジウム』)、デヴ・パテル(『スラムドッグ・ミリオネア』『マリー・ゴールド・ホテルで会いましょう』)、シガーニー・ウィーバー(『エイリアン』シリーズ、『アバター』)、ヒュー・ジャックマン(『X-MEN』シリーズ、『レ・ミゼラブル』)ほか。

アメリカでは2015年3月6日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

ポール・ウォーカー最後の勇姿を見よ!『ワイルド・スピード7(仮)』予告編!

大人気アクションシリーズ『ワイルド・スピード』のシリーズ第7弾『Furious 7』のティーザー・トレイラーがいよいよ公開されました。みなさんすでにご存知のように、主役の一人であるポール・ウォーカーが事故死してしまうという、衝撃的な出来事が発生。本作の製作、公開も大幅に遅れることになってしまいました。しかし、脚本を書き直し、未撮影シーンはポールの二人の弟を代役に立てて撮影することでようやく完成することとなりました。今回は、前作のラストでも描かれた東京のシーンからスタート。前作の悪役であったオーウェン(ルーク・エヴァンズ)の兄で、復讐を企むイアン(ジェイソン・ステイサム)とドミニクらおなじみのメンバーたちの激しいバトルが展開されます。

出演はヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドゥエイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス"・ブリッジスといったいつものキャストに加え、今回はジェイソン・ステイサム(『トランスポーター』シリーズ、『エクスペンダブルズ』シリーズ)、カート・ラッセル(『遊星からの物体X』『バックドラフト』)、ジャイモン・フンスー(『アミスタッド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)、トニー・ジャー(『マッハ!!!!!!!!』『トム・ヤム・クン』)、ロンダ・ラウジー(『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』)が参加。監督は3作目から前作まで4作品で監督をつとめ、シリーズをヒット作へと育て上げたジャスティン・リン監督からジェームズ・ワン(『ソウ』『インシディアス』『死霊館』)にバトンタッチ。

アメリカでは2015年4月3日公開。日本では2015年4月17日公開予定です。

2015年11月8日追記:日本版ティーザー・トレイラー、公式サイト追加。邦題が『ワイルド・スピード SKY MISSION』に決まりました。

公式サイト
http://wildspeed-official.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

パトレイバー実写版、長編版の特別映像公開!

2014年4月から、全7章の短編を公開し、2015年ゴールデンウィークには長編の公開が予定されている『THE NEXT GENERATION パトレイバー』。現在開催中の第27回東京国際映画祭で初公開となった長編版の特別映像がネットでも公開となりました。長編版にはグレイゴーストと呼ばれる最新鋭ヘリが登場することがすでに明らかとなっていますが、特別映像では、橋の上で待ち構えるイングラム2機と、水面スレスレを波を蹴立てて飛行するグレイゴーストの銃撃戦や、グレイゴーストが光学迷彩機能を使って透明になるシーンなどが映し出され、非常に期待の高まるものになっています。ぜひご覧ください。

公式サイト
http://patlabor-nextgeneration.com/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。