記事検索
 

2014年04月03日

スカーレット・ヨハンソン主演アクション『LUCY』予告編。

先日第一子の妊娠を発表したスカーレット・ヨハンソン。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の公開も楽しみな彼女の最新主演作『LUCY』の予告編が公開されました。何者かに謎のドラッグを投与され、超能力や常人を超えた格闘能力を手に入れた女性ルーシーの戦いを描きます。

出演はスカーレット・ヨハンソン(『アベンジャーズ』『アイアンマン2』)、モーガン・フリーマン(『ダークナイト』シリーズ、『セブン』)、チェ・ミンシク(『悪魔を見た』『オールド・ボーイ』)監督はリュック・ベッソン(『レオン』『ニキータ』)。

アメリカでは2014年8月8日公開。日本での公開は未定です。

2014年5月24日追記:日本版予告編、公式サイト追加。日本では8月29日公開となりました。

公式サイト
http://lucymovie.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

実話を元にした冤罪事件映画『Devil's Knot』予告編。

今日は実際にあった恐ろしい冤罪事件、通称ウェスト・メンフィス3事件をもとにした映画『Devil's Knot』の予告編をご紹介します。

1993年にアメリカのアーカンソー州ウェスト・メンフィスにあるロビンフッドの丘地域で8歳の男の子3人が失踪、翌日むごたらしい姿の遺体となって発見された。捜査の結果、地元警察は10代の少年3人を逮捕。少年たちは当初から無罪を主張するが、悪魔崇拝が噂されるなど地域では浮いた存在であった彼らへの偏見や、警察のずさんな捜査により、冤罪を勝ち取るまで18年間、獄中生活を余儀なくされてしまう。

当初から冤罪の声も多く、ジョニー・デップやウィノナ・ライダー、ロックバンド、パール・ジャムのボーカルであるエディ・ヴェダーやメタリカなど多くの著名人が少年たちへの支援を表明。ドキュメンタリー映画製作者ジョー・バーリンジャーとブルース・シノフスキーによってドキュメンタリー映画『パラダイス・ロスト』3部作が製作され、3作目はアカデミー賞長編映画賞にノミネート。また2012年には『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズでお馴染みのピーター・ジャクソン監督プロデュースによるドキュメンタリー『ウェスト・メンフィス』も製作されました。そんな全米の注目の的となった事件が今回映画化。

出演は、コリン・ファース(『英国王のスピーチ』『ブリジット・ジョーンズの日記』)、リース・ウィザースプーン(『キューティー・ブロンド』『ブラック&ホワイト』)、アレッサンドロ・ニヴォラ(『フェイス・オフ』『ジュラシック・パーク3』)、スティーヴン・モイヤー(『顔のないスパイ』『トゥルーブラッド』)、デイン・デハーン(『クロニクル』『アメイジング・スパイダーマン2』)、ミレイユ・イーノス(『ワールド・ウォー・Z』『『L.A. ギャング ストーリー』)、ブルース・グリーンウッド(『13デイズ』『スター・トレック』)、エイミー・ライアン(『大脱出』『チェンジリング』)。監督はアトム・エゴヤン(『スウィート ヒアアフター』『CHLOE/クロエ』)。

アメリカでは2014年5月9日公開。日本での公開は未定です。

2014年9月15日追記:日本版予告追加。

2014年8月21日追記:邦題が『デビルズ・ノット』に決定、日本での公開が今秋に決まりました!
全米を揺るがした未解決殺人事件が題材のアトム・エゴヤン監督作、今秋公開 : 映画ニュース - 映画.com

公式サイト
http://www.devilsknot.jp/

サイト外関連記事
ウエスト・メンフィス3事件 – Wikipedia
全米を震撼させたあの猟奇的殺人事件、司法取引で3人の"犯人"が釈放|サイゾーウーマン
ジョニー・デップが登場!ウエスト・メンフィス3事件の映画化にピーター・ジャクソンも出演-トロント映画祭 – シネマトゥデイ

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

『トランスフォーマー/ロストエイジ』予告編公開!

先日アメリカで行われたスーパーボウル用のCMが公開され、期待が高まっていた『トランスフォーマー』シリーズ最新作『トランスフォーマー/ロストエイジ』(原題『Transformers: Age of Extinction』)の予告編完全版(英語版)がいよいよ公開されました。マイケル・ベイ監督らしいド派手さ健在の映像をぜひご覧ください。

2014年5月16日追記:日本版予告追加。

公式サイト
http://www.tf-movie.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

ハリウッド版『ゴジラ』最新予告編公開!

未だストーリーの詳細がベールに包まれているハリウッド版『ゴジラ』の新たな予告編が公開されました。

前回の予告編とはまた違った映像がふんだんに使われ、ゴジラに蹂躙される人々の恐怖が描き出されています。また、1954年のビキニ環礁での水爆実験は、実は実験ではなく、ゴジラを殲滅するために使われた、という設定になっているらしいのが興味深いですね。日本では7月25日公開です。

公式サイト
http://www.godzilla-movie.jp/

サイト内関連記事
ハリウッド版『ゴジラ』予告編解禁!: シネマ名画座
ハリウッド版『ゴジラ』エクステンデッドトレイラー公開!: シネマ名画座

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

ラベル:ゴジラ
posted by 支配人見習い1号 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

『風立ちぬ』英語版『THE WIND RISES』予告編。

説明不要、2013年の邦画最大のヒット作である宮崎駿監督作品『風立ちぬ』。その英語版『THE WIND RISES』の予告編をご紹介します。

この英語版では、堀越二郎の声をジョセフ・ゴードン・レビット(『LOOPER/ルーパー』『インセプション』『ダークナイト・ライジング』)、菜穂子の声をエミリー・ブラント(『プラダを着た悪魔』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』)が担当。この他にもジョン・クラシンスキー(『誰もがクジラを愛してる』)、マーティン・ショート(『花嫁のパパ』『フランケンウィニー』)、スタンリー・トゥッチ(『プラダを着た悪魔』『ハンガー・ゲーム』)、ベルナー・ヘルツォーク(『アウトロー』)、ウィリアム・H・メイシー(『マグノリア』)、イライジャ・ウッド(『ロード・オブ・ザ・リング』)らが出演。残念ながら予告ではセリフは一切使われていない(菜穂子の笑い声はあるのですが)ので、どんな感じになっているのか分からないのはちょっと残念ですが、『風立ちぬ(THE WIND RISES)』というタイトルに合わせて、風の音が印象的なシーンをつないでいるのがいいですね。以外だったのは、英語版の予告にもかかわらず、ちゃんと荒井由実の『ひこうき雲』が使われていたこと。音楽も欧米人の好みに合わせて差し替えられたりするので、これはちょっと意外でした。

21日よりロサンゼルスなどの大都市圏の一部劇場で上映され、28日より全米約500館規模での上映が始まります。すでにニューヨーク映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、ボストン映画批評家協会賞で、アニメーション映画賞を受賞。アカデミー賞長編アニメーション賞にもノミネートされている本作が興行面でどの程度健闘できるのかも注目です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

マーベル・コミック実写化最新作『Guardians of the Galaxy』予告編。

現在『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が公開中、『スパイダーマン』『アベンジャーズ』などで日本でも徐々にお馴染みとなってきたマーベル・コミックの実写作品。その最新実写化作品『Guardians of the Galaxy』の予告編が公開されました。

9歳の時に地球から連れ去られた青年ピーター・クイルは、宇宙の平和を脅かす悪人ローナンのもとから謎の力を秘めた球体を盗みだすことに成功。その球体に秘められた強大な力を知った彼は、仲間とともに、宇宙の存続をかけてローナンと戦う決意をする…。

出演はクリス・プラット(『ゼロ・ダーク・サーティ』)、ゾーイ・サルダナ(『アバター』『スタートレック』)、ブラッドリー・クーパー(声の出演)(『アメリカン・ハッスル』『世界にひとつのプレイブック』)、ヴィン・ディーゼル(声の出演)(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジョン・C・ライリー(『シュガー・ラッシュ』『マグノリア』)、グレン・クローズ(『危険な情事』『101』)、ベニチオ・デル・トロ(『チェ』『ユージュアル・サスペクツ』)ほか。監督・脚本はジェームズ・ガン(『スーパー!』『スリザー』)。

これまでのマーベル作品と比べても、コミカルなテイストが強く感じられる楽しそうな作品になっていそうでうすね。アメリカでは2014年8月1日公開。日本での公開は未定です。

2014年5月21日追記:予告編含め、関連動画が全て見られるものに変更。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

『パトレイバー』実写版、公式予告編第1弾解禁!

全7章の短編作品と2015年に長編の公開が予定されているパトレイバー実写版『THE NEXT GENERATION パトレイバー』。4月5日公開予定の第1章「三代目出動せよ」の予告編が公開されました。ナレーションはシバシゲオの声を担当した千葉繁さんが担当しています。

公式サイト
http://patlabor-nextgeneration.com/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

『トランスフォーマー/ロストエイジ』スーパーボウルスポット公開!

大人気ロボットアクション映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作『トランスフォーマー/ロストエイジ』(原題『Transformers:Age of Extinction』)のスーパーボウルスポットが公開されました。これは、米国で行われるアメリカンフットボールの祭典、スーパーボウル内で放送するためのCM。毎年驚異的な視聴率を記録することから、各映画会社がこの番組内で、自社がプッシュする大作、話題作のCMを放送するのです。

さて肝心の映像ですが、CMゆえ時間は30秒ほどと短いですが、マイケル・ベイらしいど派手さがよく伝わってきますね。コンボイや、恐竜を連想させる新たなロボット生命体たちのアクション、そして、シャイア・ラブーフに代わり新しく主人公となったマーク・ウォールバーグも登場、どんな活躍をしてくれるのか楽しみなCMとなっています。

アメリカでは2014年6月27日公開。日本では2014年夏公開です。なお、公式予告が公開された際は、このサイトでもご紹介したいと思います。

2014年2月4日追記:早くも日本語版が公開されましたので、追加しました。

公式サイト
http://www.tf-movie.jp/

日本語版

英語版

マイケル・ベイとマーク・ウォールバーグが本作の前にタッグを組み、アメリカでは2013年4月に公開された、実話を元にしたクライム・コメディ『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』は残念ながら日本未公開となりました。監督の作品で劇場未公開となったのは本作が初めて。興味がある方はご覧になってみてください。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

『テッド』監督最新作『A Million Ways to Die in the West』予告編。

アメリカのコメディがなかなかヒットしない日本において異例のヒットを飛ばした作品『テッド』。この作品で監督、脚本、そしてクマのぬいぐるみであるテッドの声を担当したセス・マクファーレンがまたまた監督、脚本、主演をつとめた最新作『A Million Ways to Die in the West』の予告編が公開されました。

本作は、セス演じる気弱な農夫が、自分の彼女を取り戻すべくガンマンの妻から銃の手ほどきを受けるうちに、だんだん彼女に惹かれていく…、というコメディ映画。タイトルが『A Million Ways to Die in the West』(西部における百万通りの死に方)というだけあって、人間が死ぬシーンがかなり残酷かつブラックユーモア満載で描かれており、この予告編もグロテスクなシーンが苦手な人は要注意のレッドバンドトレイラーとなっています。

出演はセス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン(『ヤングアダルト』『モンスター』)、リーアム・ニーソン(『96時間』『シンドラーのリスト』)、アマンダ・セイフライド(『レ・ミゼラブル』『マンマ・ミーア』)、ジョバンニ・リビジ(『テッド』『アバター』)、サラ・シルバーマン(『シュガー・ラッシュ』『スクール・オブ・ロック』)、ニール・パトリック・ハリス(『グリー』『ザ・マペッツ』)ほか。

アメリカでは2014年3月30日公開。日本での公開は未定です。

2014年5月12日追記:日本版公式サイト、日本版予告編追加。日本では『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』という邦題で、9月公開です。

公式サイト
http://kouya-tsuraiyo.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

ジョニー・デップ主演最新作『Transcendence』予告編。

ジョニー・デップ主演のSFスリラー『Transcendence』の予告編が公開されました。

人工知能研究の権威ウィル・キャスター博士はその研究内容で世界的に有名になるが、同時にテクノロジーを嫌う過激派の標的にもなっていた。ある日、過激派によって博士が銃撃され、彼を救うべく妻のイブリンは博士の意識をコンピュータ上に移植する。コンピューター上で新たな生命体として存在し、ネットワークを介して、この世界のあらゆるものにアクセスできるようになった博士は次第に暴走を始め…。

出演はジョニー・デップ、レベッカ・ホール(『ザ・タウン』『アイアンマン3』)、ポール・ベタニー(『ダ・ヴィンチ・コード』『レギオン』)、モーガン・フリーマン(『セブン』『グランド・イリュージョン』)、ケイト・マーラ(『ハウス・オブ・カード』『127時間』)、キリアン・マーフィー(『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』)、コール・ハウザー(『ダイ・ハード ラスト・デイ』)、クリフトン・コリンズJr(『パシフィック・リム』『スター・トレック』)ほか。『ダークナイト』シリーズや『インセプション』など、数多くのクリストファー・ノーラン監督作品で撮影監督を務めたウォーリー・フィスターの監督デビュー作です。

アメリカでは2014年4月17日公開。日本での公開は未定です。

2014年1月27日追記:日本版特別映像追加。日本では2014年6月28日公開です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

『パトレイバー』実写版特報映像解禁!

実写版『パトレイバー』の特報映像がいよいよ解禁となりました!どうぞご覧ください。

公式サイト
http://patlabor-nextgeneration.com/index_ie.html

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

ラベル:パトレイバー
posted by 支配人見習い1号 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『エクスペンダブルズ3』予告編!

シルベスター・スタローンらアクションスターが総結集したアクション映画『エクスペンダブルズ』。そのシリーズ第3弾『エクスペンダブルズ3』の予告第1弾が公開されました。今回は、Teaser trailer(焦らし予告)というやつで、本編の映像が使われているわけではなく、出演者たちがずらっと居並ぶという内容になっています。

出演はシルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、アーノルド・シュワルツェネッガー、テリー・クルーズ、ランディ・クートゥアらおなじみの面々に加え、今回は、ウェズリー・スナイプス、ハリソン・フォード、メル・ギブソン、アントニオ・バンデラス、ケラン・ラッツ(『トワイライト』『インモータルズ』)、総合格闘家のロンダ・ラウジー、プロボクサーのビクター・オルティスが参加しています。監督は2010年に公開されたスリラー映画『Red Hill』で注目を集めたオーストラリア出身のパトリック・ヒューズ。

アメリカでは2014年8月15日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

『猿の惑星:創世記』続編、『Dawn of the Planet of the Apes』予告編。

進化した猿が人類に取って代わるきっかけを描いた『猿の惑星:創世記』。その続編『Dawn of the Planet of the Apes』の予告編第1弾が公開されました。

前作から10年後。致死性のウィルスによって多くの人類が死滅した中、なんとか生き残った人々と、シーザー率いる猿の軍勢とのあらたなる衝突が描かれます。

出演はジェイソン・クラーク(『ゼロ・ダーク・サーティ』『欲望のバージニア』)、アンディ・サーキス(『猿の惑星:創世記』『ロード・オブ・ザ・リング』『キングコング』)、ゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』シリーズ『レオン』)、ジュディ・グリア(『キャリー(2013)』『ヴィレッジ』)、ケリ・ラッセル(『ミッション・インポッシブル3』『フェリシティの青春』)、コディ・スミット・マクフィー(『モールス』『ザ・ロード』)ほか。監督はルパート・ワイアットから、マット・リーヴス(『クローバーフィールド』『モールス』)にバトンタッチ。

アメリカでは2014年7月11日公開。日本での公開は未定です。

2014年5月31日追記:日本では『猿の惑星:新世紀(ライジング)』という邦題で9月公開です。

公式サイト
http://www.foxmovies.jp/saruwaku-r/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

ケビン・コスナー主演最新作『3 Days to Kill』予告編。

ケビン・コスナー主演のアクション映画『3 Days to Kill』の予告編をご紹介。

政府の汚れ仕事を引き受けてきた暗殺者イーサン。しかし、重病を患い、先が長くないことを知った彼は、疎遠になっていた妻子との関係を改善しようとしていた。しかし、病気を治療できるかもしれない試験薬の提供と引き換えに、政府が彼に最後の仕事の依頼をしてくるのだった。

出演はケビン・コスナー(『ボディガード』『マン・オブ・スティール』)、アンバー・ハード(『ラム・ダイアリー』『ドライブ・アングリー』)、ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、コニー・ニールセン(『ある愛の風景』『グラディエーター』)。監督はマックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』『ブラック&ホワイト』)、製作・脚本はリュック・ベッソン(『レオン』『マラヴィータ』)。

アメリカでは2014年2月21日公開。日本での公開は未定です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

『ダークナイト』監督最新作『Interstellar』予告編。

『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーラン監督の最新作、『Interstellar』の予告第1弾が公開されました。本編の映像はあまり使われておらず、ストーリーの詳細もまだ明らかになってはいませんが、ワームホールが発見された世界で、広大な宇宙空間を探検する冒険家たちの物語だそうです。

出演はマシュー・マコノヒー(『リンカーン弁護士』『ペーパーボーイ』)、ジェシカ・チャスティン(『ゼロ・ダーク・サーティ』『欲望のバージニア』)、アン・ハサウェイ(『ダークナイト・ライジング』『レ・ミゼラブル(2012)』)、ウェス・ベントレー(『ハンガー・ゲーム』『ゴーストライダー』)、ケイシー・アフレック(『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『オーシャンズ11』)、マイケル・ケイン(『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』)、トファー・グレイス(『スパイダーマン3』『プレデターズ』)、マッケンジー・フォイ(『死霊館』『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン』)、ジョン・リスゴー(『猿の惑星/創世記』『クリフハンガー』)、エレン・バースティン(『エクソシスト』『レクイエム・フォー・ドリーム』)、デヴィッド・オイェロウォ(『アウトロー』『リンカーン』)ほか。

アメリカでは2014年11月7日公開。まだ1年近く先か…。日本での公開は未定です。

2014年1月27日追記:日本版予告編追加。日本では2014年12月12日公開です。

2014年5月19日追記:日本版公式サイト、英語版予告完全版追加。

2014年6月7日追記:日本版最新予告編追加。日本での公開日が2014年11月22日となりました。

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

トム・クルーズ主演最新作『Edge of Tomorrow』予告編。

トム・クルーズ主演のSFアクション、『Edge of Tomorrow』の予告編が公開されました。本作はライトノベル作家、桜坂洋のSF小説『All You Need Is Kill』を実写化した作品。ライトノベルをハリウッドが映像化、しかも主演はトム・クルーズということで、製作発表以来注目を集めてきましたが、いよいよその姿を表しました。

侵攻してきたエイリアンと人類が激闘を繰り広げる未来の地球。そこで、死んだにもかかわらず何度も生き返り、繰り返し戦場に赴くこととなる兵士ウィリアム・ケイジの戦いと苦悩を描きます。

出演はトム・クルーズ、エミリー・ブラント(『プラダを着た悪魔』『ウルフマン』)、ビル・パクストン(『タイタニック』『エイリアン2』)ほか。監督はダグ・リーマン(『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs.スミス』)。

アメリカでは2014年6月6日公開。日本では2014年7月11日公開予定です。

2013年12月21日追記:日本版特報追加。日本では『オール・ユー・ニード・イズ・キル』という邦題で7月4日公開となりました。

2014年5月15日追記:IMAX版予告編追加

公式サイト(日本語)
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/#home

IMAX版

公式サイト(英語)
http://www.edgeoftomorrowmovie.com/


原作(文庫版、kindle版)

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

ハリウッド版『ゴジラ』予告編解禁!

日本を代表する怪獣映画『ゴジラ』。かつて『インデペンデンス・デイ』『ホワイトハウス・ダウン』のローランド・エメリッヒ監督によってハリウッド版が制作されたことがありましたが、今回新たなハリウッド版の予告編がいよいよ解禁となりました!

詳細なストーリーは今だ不明ですが、怪獣映画ファンからは正直不評だったエメリッヒ版よりもシリアスな印象があり、なかなか期待できそうです。

出演はアーロン・テイラー・ジョンソン(『キック・アス』『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』)、エリザベス・オルセン(『マーサ、あるいはマーシー・メイ』『レッド・ライト』)、ブライアン・クランストン(『ブレイキング・バッド』『ドライヴ』)、ジュリエット・ビノシュ(『ダメージ』『コズモポリス』)、渡辺謙(『ラストサムライ』『許されざる者(2013)』)、デヴィッド・ストラザーン(『グッドナイト&グッドラック』『ボーン・アルティメイタム』)、サリー・ホーキンス(『17歳の肖像』『わたしを離さないで』)。また、オリジナル版に出演した宝田明がカメオ出演しています。監督は『モンスターズ/地球外生命体』で注目を集めたギャレス・エドワーズ。

アメリカでは2014年5月16日公開。日本では2014年7月25日公開です。

公式サイト(日本語)
http://www.godzilla-movie.jp/

公式サイト(英語)
http://www.godzillamovie.com/

サイト内関連記事
ハリウッド版『ゴジラ』最新予告編公開!: シネマ名画座
ハリウッド版『ゴジラ』エクステンデッドトレイラー公開!: シネマ名画座

ギャレス・エドワーズ監督作品

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

『マトリックス』監督最新作『Jupiter Ascending』予告編。

『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟の最新作『Jupiter Ascending』の予告編が公開されました。日本のアニメを実写化した『スピード・レーサー』、同名のSF小説を映像化した『クラウド・アトラス』と、ここ最近は原作ありの作品を監督してきたウォシャウスキー姉弟ですが、今回は久しぶりの完全オリジナル作品。

トイレ清掃の仕事をしながら細々と生きる女性ジュピター。そんな彼女を保護するためにやってきた元軍人のハンター、ケイン。自分が宇宙の命運を握る存在であることを知ったジュピターとケインの逃避行と戦いが描かれるSFアクションです。

出演はミラ・クニス(『テッド』)、チャニング・テイタム(『ホワイトハウス・ダウン』『マジック・マイク』)、ショーン・ビーン(『ロード・オブ・ザ・リング』『サイレント・ヒル』)、エディ・レッドメイン(『マリリン 7日間の恋』『レ・ミゼラブル(2012)』)、ジェームズ・ダーシー(『クラウド・アトラス』『ヒッチコック』)、ペ・ドゥナ(『空気人形』『クラウド・アトラス』)ほか。また、『バロン』『フィッシャー・キング』『ラスベガスをやっつけろ』などで知られる映画監督テリー・ギリアムも出演しています。

アメリカでは2014年7月25日公開。日本での公開は未定です。

2014年3月2日追記:日本版特報追加。日本では『ジュピター』という邦題で、2014年秋公開です。

2014年6月7日追記:当初全米では7月18日公開予定でしたが、ポストプロダクションが遅れているらしく、2015年2月6日に変更となってしまいました。それに伴って、日本での公開日も変更になるようです。

ウォシャウスキー姉弟「ジュピター」全米公開が15年2月に延期 : 映画ニュース - 映画.com

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/jupiterascending/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

『アメイジング・スパイダーマン2』予告編公開!

『スパイダーマン』スをタッフ、キャストを一新して再起動した『アメイジング・スパイダーマン』。その待望の第2弾『アメイジング・スパイダーマン2』の予告がいよいよ公開!今回は同時公開された日本版をご紹介します。

スパイダーマンとしてニューヨークの街を守りつつ、グウェン・ステイシーとの愛を育むピーター・パーカー。しかし、そんな彼の前に電気を操るエレクトロ、サイのようなデザインの強化スーツを着て暴れまわるライノ、そして、ピーターの友人ハリー・オズボーンが変身するグリーン・ゴブリンと、強敵が3人も出現。果たしてピーターの運命は?

出演はアンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』『ソーシャル・ネットワーク』)、エマ・ストーン(『ヘルプ 心がつなぐストーリー』『L.A.ギャングストーリー』)、ジェイミー・フォックス(『ジャンゴ 繋がれざる者』『レイ』)、デイン・デハーン(『クロニクル』『メタリカ スルー・ザ・ネヴァー』)、ポール・ジアマッティ(『サイドウェイ』『アメリカン・スプレンダー』)、サリー・フィールド(『リンカーン』『フォレスト・ガンプ』)、クリス・クーパー(『ボーン・アイデンティティー』『アメリカを売った男』)ほか。監督は前作同様マーク・ウェブ(『(500)日のサマー』)。

アメリカでは2014年5月3日公開。日本では一週間はやく、2014年4月25日公開です。

公式サイト
http://www.amazing-spiderman.jp/

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

シュワちゃん主演最新アクション『SABOTAGE』予告編。

スタローンとのW主演作『大脱出』の公開も待ち遠しいシュワルツェネッガーの主演最新作『SABOTAGE』の予告編が公開されました。

DEAの特殊部隊が麻薬カルテルを襲撃。彼らがドラッグビジネスで儲けた数百万ドルを強奪、隠匿することに成功する。だがその直後からメンバーが一人また一人と殺されていくのだった…。

出演はアーノルド・シュワルツェネッガー(『ターミネーター』シリーズ『ラスト・スタンド』)、サム・ワーシントン(『アバター』『ターミネーター4』)、オリビア・ウィリアムズ(『シックス・センス』)、テレンス・ハワード(『アイアンマン』『ブレイブ・ワン』)、ミレイユ・イーノス(『ワールド・ウォーZ』)ほか。監督はデヴィッド・エアー(『エンド・オブ・ウォッチ』『フェイク・シティ ある男のルール』)。

アメリカでは2014年4月11日公開。日本での公開は未定です。

2014年6月27日追記:日本版特報追加。日本では2014年秋公開です。

この記事を気に入っていただけたら、1クリックお願いします。:blogranking

posted by 支配人見習い1号 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。